市民国際プラザ

ホーム  >  「地域に飛び出す市民国際プラザ」 団体活動インタビュー  >北九州ESD協議会

「地域に飛び出す市民国際プラザ」 団体活動インタビュー

北九州ESD協議会(福岡県北九州市/2019年2月22日)

          
   北九州まなびとESDステーション。北九州の環境マスコット、ていたんが入口で迎えてくれます。

北九州の「市民力」を活かしたESD教育

北九州市2日目には、北九州ESD協議会を訪問し、ESDコーディネーターの森川さんにお話を伺いました。

2006年に設立された市民団体・企業・大学・行政など77団体・46名の個人会員からなるゆるやかなネットワークで、北九州の「市民力」を文字通り支えている団体です。

地元の婦人会がけん引役となった公害の克服、その精神を引き 継ぎ、自発的・自立的に、持続可能な開発のための教育を行っています。北九州市立大学の学生たちが実習の一 環として毎月のイベントの企画・運営を担っており、世代を超えた様々なステークホルダーをまきこんだ活動を目指しているのも特徴です。

また、北九州ESD協議会が受託運営する「北九州まなびとESDステーション」は人通りの多い商 店街に面した立ち寄りやすい場所に立地。北九州発のESDの取組みに、今後とも注目していきたいと思います。



〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル1階 市民国際プラザ TEL:03-5213-1734

Since© 2007 Citizens' International Plaza & Council of Local Authorities for International Relations All rights reserved.