市民国際プラザ

ホーム  >  市民国際プラザからのお知らせ  >  2011年度  >  平成23年度「地域国際化ステップアップ・ワークショップ」(広島)

平成23年度「地域国際化ステップアップ・ワークショップ」(広島)
 〜地方発!自治体・NGOによる復興支援と平和貢献〜

イメージ

自治体国際化協会では、自治体とNGO等の連携・協働を推進しており、日頃接点の少ない自治体・地域国際化協会・国際協力NGOの関係者等が一堂に集い、相互理解を深める場として、ステップアップ・ワークショップを毎年開催しています。今回は、11月26日(土)に広島県にて開催します。

このワークショップでは、基調講演や事例発表、グループワークなどを通じて自治体やNGOによる復興支援、平和貢献への取り組みについて考えます。多くの国や地域からの支援を受けて復興し、目まぐるしい発展を遂げることができた被爆地広島で、地域社会発の復興支援や平和貢献のあり方について一緒に考えてみませんか。

ぜひ、ご参加ください。

日 程 2011年11月26日(土) 10:30〜16:45
場 所 広島国際会議場 ラン1
対 象 中国地方のNGO/NPO、自治体、国際交流協会、大学・研究機関、企業など約30名程度
参加費 無料
主 催 財団法人 自治体国際化協会、特定非営利活動法人 NGOひろしま
共 催 広島県、財団法人 ひろしま国際センター
後 援 広島市、広島市立大学、公益財団法人 広島平和文化センター、
特定非営利活動法人 ひろしまNPOセンター、特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター(全て申請中)
申込方法   【申込受付中!!】@〜Cを記載の上、下記までお申し込み下さい。
@お名前 (ふりがな)
Aご所属 (NGO、自治体、企業などの団体名、所属、役職)
Bご連絡先 (住所、E-mail、電話)
C参加希望分科会(下記よりお選びください)
 第1分科会「復興支援人材の育成」、
 第2分科会「自治体による平和貢献活動」、
 第3分科会「NGOによる復興支援活動」
連絡先 特定非営利活動法人 NGOひろしま 事務局 担当:後藤、藤本
TEL 090-9066-0153   FAX 082-297-5210
E-mail  ngotou@hiroshima-u.ac.jp

プログラム

10:30 開会、あいさつ他
10:45 基調講演T「国際貢献の基本理念、自治体とNGOの役割」
 

世界情勢や国際貢献の理念、地方発の平和構築などの視点を通じて、自治体やNGOによる国際貢献活動の基本的なアプローチを解説します。
講師:広島市立大学広島平和研究所 副所長 水本和実氏

11:30 基調講演U「NGO による復興支援〜東日本大震災の復興支援を通じて〜」
 

東日本大震災の発生後に自ら現地入りして活動した経験から、海外における復興支援との違いや課題などをお話します。
講師:公益社団法人 Civic Force(シビックフォース)代表理事 大西健丞氏

12:30 休憩(昼食)
13:30 分科会 「自治体・NGOによる地方発の復興支援を進めるには」

地方の自治体やNGOが取り組む復興支援、平和貢献などの事例を通じて、現状と課題を理解し, 発表者、参加者と一緒に今後の方向性を考えます。
(※13:30〜14:00 事例発表、14:00〜15:30 グループ・ディスカッション)

■第1分科会 「復興支援人材の育成」
NGOひろしまの事例をもとに、地方発の復興支援に必要な人材の育成や能力開発の方法について考えます。
発表 :広島経済大学 准教授 柾本伸悦氏
司会 :NGOひろしま 理事長 村田民雄氏

■第2分科会 「自治体による平和貢献活動」
広島県の事例をもとに、地方自治体による国際平和への貢献活動の課題やあり方について考えます。
発表 :広島県 地域政策局 国際課長 前田恭正氏
司会 :広島大学大学院 客員教授 後藤 昇氏

■第3分科会 「NGOによる復興支援活動」
カンボジアでの事例をもとに、地方のNGOによる復興支援活動の現状と今後の展開を考えます。
発表 :NGOひろしま 理事 藤本真弓氏
司会 :ピース・ウィンズ・ジャパン 尾道事務所長 國田博史氏

15:30 休憩
15:45 総括討論
コメンテーター:大西健丞氏
司会:水本和実氏
16:45 閉会
17:00 懇親会(有料)

※プログラム内容は多少変更になる可能性がございます。ご了承ください。

基調講演・総括討論コメンテーター

大西健丞 (おおにしけんすけ) 公益社団法人Civic Force代表理事

<※Civic Force(緊急即応チーム)は、日本で起きる地震などの大規模災害に対応し、NPO、企業、行政、住民組織などの連携によって迅速で効果的な被災者支援を実現するために設立されました。>

1967年 大阪市生まれ。

上智大学文学部新聞学科卒業。英国ブラッドフォード大学平和研究学部国際政治・安全保障学修士課程修了。イラク、アフガニスタンなど世界各地での支援活動に従事。

1996年 ピース・ウィンズ・ジャパン(PWJ)設立。

2000年 NGO、政府、経済界の連携による国際人道支援組織ジャパン・プラットフォーム評議会議長、理事などを歴任。

2008年 PWJ代表理事兼統括責任者

2009年 大規模災害の際の救援活動を目的とする公益社団法人Civic Force代表理事

2010年 政府の「新しい公共円卓会議」委員を務める

著書「NGO、常在戦場」他

基調講演・総括討論司会

水本和実 (みずもと かずみ) 広島市立大学広島平和研究所 副所長

<※広島平和研究所は、被爆都市としての歴史を背景に、学術研究活動を通じて核兵器の廃絶に向けての役割を担い、世界平和の創造、維持と地域社会の発展に貢献する国際的な平和研究機関です。>

1957年 広島生まれ。

東京大学法学部第3類(政治コ−ス)卒業。米国タフツ大学フレッチャ−法律外交大学院修士課程修了。広島大学大学院社会科学研究科(国際社会論)博士課程後期退学。

朝日新聞社ロサンゼルス支局長を経て、広島市立大学で核軍縮、安全保障を研究。NGOの理事としてカンボジアで復興支援活動に従事。

2010年 広島市立大学広島平和研究所教授

広島市立大学広島平和研究所 副所長

著書「核は廃絶できるか――核拡散10年の動向と論調』ほか論文多数

〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル1階 市民国際プラザ TEL:03-5213-1734

Since© 2007 Citizens' International Plaza & Council of Local Authorities for International Relations All rights reserved.