市民国際プラザ

ホーム  >  市民国際プラザからのお知らせ  >  2008年度  >  「フェアトレード写真展〜私たちの手元にとどくまで〜」

「フェアトレード写真展〜私たちの手元にとどくまで〜」

最近、買い物でできる国際協力として「フェアトレード」という言葉をよく耳にするようになりました。フェアトレードとは、途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立をめざす取組みのことで、この運動は世界中で急速な広がりを見せています。

そこで、3月の企画展では、そういったフェアトレードで作られた商品が私たちの手元に届くまでの過程を写真でご紹介します。同じ商品も、生産者の方々がどのような思いで、ひとつひとつ作っているのかを考えてみると、違った印象に見えてきます。さまざまな団体のフェアトレードへの取組みの紹介やカタログも無料で配布いたします。小さな写真展ですので、どうぞお気軽におこしください。

※フェアトレード商品等の販売は行いません。

3月16日(月)と17日(火)には、フェアトレードに関する特別企画講演会も開催いたします。 こちらも皆様のご参加をお待ちしております。

日 時 2009年3月9日(月)〜19日(木) 10:00〜18:00(土・日休)
料 金 無料
場 所 市民国際プラザ
東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル1F
展示内容
  1. なぜフェアトレードか? 途上国の労働者の現状の紹介
  2. フェアトレード商品ができるまで
    (特活)パルシックのフェアトレードコーヒー豆(東ティモール)の生産から輸出までを写
    真で紹介
  3. 自治体とNGOの連携によるフェアトレードの取組み
  4. フェアトレード団体の紹介
    特活)パルシック/(特活)シャンティ国際ボランティア会/(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会 /ネパリ・バザーロ など

≪特別企画講演会≫

第1回 3月16日(月) 18:30〜20:30
「フェアトレードタウンとは〜フェアトレードで町おこし?」
講演:(特活)フェアトレード・ラベル・ジャパン

今欧米では「フェアトレードタウン」という、フェアトレードに積極的に取り組む町が増えているのをご存知でしょうか?「フェアトレードタウン」を宣言した町は、その町の議会や役場で使うコーヒーや紅茶をフェアトレード商品にするなど、フェアトレードを広める取組みを行っています。

本講演会では、イギリスの「フェアトレードタウン」の取組みやフェアトレードタウンへの認証条件を紹介し、日本でフェアトレードタウンが誕生する可能性を探ります。

第2回 3月17日(火) 18:30〜20:30
「もうひとつのフェアトレード〜エコシュリンプ〜」
講演:(特活)APLA/(株)オルタトレードジャパン

日本人のエビの大量消費によって引き起こされている、東南アジアで大量のマングローブの伐採・環境汚染の現状をお伝えします。そして、「エコシュリンプ」の自然と調和した養殖方法の紹介をしながら、生産者、消費者、そして環境にとっても「フェア」な取引とは何かを考えます。


場 所 (財)自治体国際化協会 会議室 (市民国際プラザ横)
定 員 各50名(参加費無料・要申込み)
申込方法 参加日(両日参加も可)・お名前・所属・連絡先を明記の上、メール・FAXまたはお電話で下記の申込み先までご連絡ください。
主 催 市民国際プラザ
〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル1階 市民国際プラザ TEL:03-5213-1734

Since© 2007 Citizens' International Plaza & Council of Local Authorities for International Relations All rights reserved.