市民国際プラザ

ホーム  >  市民国際プラザからのお知らせ  >  2008年度  >  「多文化理解や市民参加を広げる国際協力とは

平成20年度「国際協力活動ステップアップ・ワークショップ」

「多文化理解や市民参加を広げる国際協力とは
〜フェアトレードを通じた自治体・NGO等の連携の可能性を探る〜」 ご案内

本ワークショップのねらいは、日頃接点の少ない自治体・地域国際化協会・国際協力NGOの関係者等が一堂に集う場を設定して、相互理解を深め、より効果的かつ効率的な国際協力活動やそのための連携のあり方を模索することにあります。

近年、国際協力に対する一般市民の理解と参加を促す取り組みの重要性が増しており、特に、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立をめざす「フェアトレード」という取り組みが注目を集めています。これは、誰もが商品購入という形で気軽に参加できる国際協力であり、世界の多様な文化を実感すると同時に、貧富の格差や環境破壊など地球規模のさまざまな問題が起きている現状を知る機会となり、国際協力の必要性や重要性を理解することになります。

そこで、今年度のワークショップでは、国際協力に対する一般市民の理解と参加を促していく一つの手法としてフェアトレードを取り上げ、自治体や地域国際化協会、NGO等が連携してフェアトレードを推進していくための課題や手法について考えたいと思います。特に、それぞれのアクターが組織形態や理念の違いを乗り越えて、具体的にどのようなフェアトレードに関連した事業を連携・協働して行うことができるのか、先進的な事例を通して、それぞれのセクターの比較優位性や連携による相乗効果等を明らかにしたうえで、参加者自らが実現の可能性がある事業についての企画立案を試み、多セクター間の連携のあり方や期待される成果について議論を深める場にしたいと考えます。

パネルディスカッション

今回のテーマに基づき、自治体がフェアトレードに積極的に取り組んでいる欧州の事例を紹介し、自治体がNGO等と連携してフェアトレードに取り組む必要性や課題を明らかにします。さらに、3つの具体事例の紹介とグループ討議を通して、自治体・地域国際化協会・NGO等が連携しながら実施するフェアトレードに関連した協働事業について、参加者自らがグループごとに企画立案を試み、その内容や多セクター間の連携のあり方、期待される成果について議論を深めます。

基調講演:長坂寿久氏(拓殖大学国際学部教授)

ファシリテーター:木下理仁氏(かながわ開発教育センター 事務局長)

事例発表:

(1)「横須賀市のフェアトレードへの取り組み」

発表者:松本義弘氏(横須賀市企画調整部国際交流課長)

(2)「フェアトレード関連イベントを通じた地域国際化協会とNGOの連携」
発表者:菅沼彰宏氏((財)かながわ国際交流財団学習サービス課)

(3)「札幌で動き出すフェアトレードを通じた地球市民教育
〜北星フェアトレードの活動から〜」
発表者:萱野智篤氏(北星フェアトレード代表)

グループ討議
>>> 詳しいプログラムはこちらをご覧ください

日 時 2009(平成21)年2月19日(木)13:00-17:30、2月20日(金)10:00-16:00
会 場 ルポール麹町 3F会議室「マーブル」(東京都千代田区平河町2-4-3)
(最寄駅:地下鉄有楽町線麹町駅1番出口徒歩3分、地下鉄永田町駅5番・9番出口徒歩5分)
地図: http://www.leport.jp/map/acsses_b.html
対 象 国際協力業務に携わる地方自治体及び地域国際化協会・市区町村国際交流協会職員、国際協力NGO・国際協力機関関係者、関心ある一般市民等
定 員 50名 (1日のみの参加も可)
参加費 無料(交通費・宿泊代等については各自でご負担ください)
申込方法 下記アドレスからお申込いただけます。
申込フォームに沿って、必要事項を記入いただき、送信してください。
http://www.plaza-clair.jp/lib/mail_post.php?form=workshop
申込締切 2009年2月16日(月)必着
申込・
連絡先
(財)自治体国際化協会(CLAIR)市民国際プラザ(担当:井上)
〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル1階
TEL:03-5213-1734 FAX:03-5213-1740

プログラム

<1日目>2月19日(木)

時間 内容・進め方 事例発表・ファシリテーター等
12:45〜 受付開始    
13:00〜13:10 開会の挨拶・オリエンテーション CLAIR支援協力部長  市民国際プラザ
13:10〜13:40
(30分)
参加者自己紹介・アイスブレーキング 木下理仁氏 (かながわ開発教育センター事務局長)
13:40〜14:50
(70分)
導入ワークショップ「多文化理解や市民参加を促すフェアトレードの必要性を考える」
15:00〜16:00
(60分)
基調講演「自治体におけるフェアトレードの取り組み とNGO等との連携協働の可能性について」 長坂寿久氏 (拓殖大学国際学部教授)
16:10〜17:20
(70分)
グループ討議
(アクティビティ)
木下理仁氏
17:20〜17:30
(10分)
1日目のふりかえり・まとめ

<2日目>2月20日(金)

時間 内容・進め方 事例発表・ファシリテーター等
9:45〜 受付開始    
10:00〜10:05 2日目のオリエンテーション 市民国際プラザ
10:05〜10:25
(10分)
自己紹介+1日目の振り返り 木下理仁氏
10:30〜11:10
(40分)
事例発表1.「横須賀市のフェアトレードへの取り組み」 松本義弘氏
(横須賀市企画調整部国際交流課長)
11:15〜11:55
(40分)
事例発表2. 「フェアトレード関連イベントを通じた地域国際化協会とNGOの連携」 菅沼彰宏氏((財)かなが わ国際交流財団学習サー ビス課)
12:00〜13:00
(60分)
昼休み    
13:00〜13:40
(60分)
事例発表3. 「札幌で動き出すフェアトレードを通じた地球市民教育〜北星フェアトレードの活動から〜」 萱野智篤氏(北星フェアト レード代表・北星学園大学 経済学部教授)
13:40〜15:40
(120分)
グループ討議(アクティビティ)+発表 木下理仁氏
15:40〜16:00
(20分)
全体のふりかえり・まとめ
〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル1階 市民国際プラザ TEL:03-5213-1734

Since© 2007 Citizens' International Plaza & Council of Local Authorities for International Relations All rights reserved.