市民国際プラザ

ホーム  >  市民国際プラザからのお知らせ  >  2007年度  >  企画展「はたらく子どもの映した世界」のお知らせ

企画展「はたらく子どもの映した世界」のお知らせ

◆◇◇◆◇◆◆◇◆◇◇◆◇◆◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◇◆◇◆

はたらく子どもの映した世界〜児童労働ってなんだろう?〜

写真展・教材展開催 2007年6月11日〜6月22日(土日を除く)

共催:ACE、シャプラニール、フリー・ザ・チルドレン・ジャパン、
    市民国際プラザ

協力:国際子ども権利センター

◆◇◇◆◇◆◆◇◆◇◇◆◇◆◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◇◆◇◆

6月12日は「児童労働反対世界デー」です。

市民国際プラザでは、この日にちなみ、世界の子どもたちに起きている 現実を知ってもらうため、(特活)ACE、(特活)シャプラニール=市民 による海外協力の会、(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパンと共催 で、「児童労働」をテーマにした、写真展および、教材の展示会を開催い たします。

現在世界では2億1800万人の子どもたち(5歳〜17歳、2006年国際労働機 関(ILO)発表)が学校に行けず過酷な労働を余儀なくされています。日本 なら、小中高生にあたる年齢です。ストリートチルドレンが自ら写した彼ら の生活の写真や教材を見ることを通して、「こどもがはたらく」とはどう いうことなのか、彼らの生活は一体どんなものなのか、なぜ彼らははたらか なくてはならないのかということを、「見て・感じて・考える」ことを目的 としています。

「子どもが笑顔でいられる」ということは、経済的な豊かさ・貧しさ以上 に、その社会のしあわせをはかるものです。決して楽ではない状況の中で、 夢を持ち、仲間や家族を大事にして日々を強く生きる子どもたち。そこには、 私たちが豊かさとともに失ってしまった何か大切なメッセージがこめられて いるようです。彼らの生活と決して無関係ではない私たちの生活。ぜひこの 機会にそのつながりを感じてみてください。

*期間中の20日には、ビデオの上映会と、簡単な意見交換の場を設けます。 ビデオ上映会参加ご希望の方は、下記連絡先までご連絡ください。

実施概要

開催期間:2007年6月11日(月)〜6月22日(金)10:00〜18:00  ※土日は休み

場所:(財)自治体国際化協会(CLAIR)市民国際プラザ
東京都千代田区霞ヶ関3-3-2 新霞ヶ関ビルLB(ロビー)階 (名鉄観光の隣)

地図http://www.plaza-clair.jp/plaza/access.html

地下鉄銀座線「虎ノ門」駅から徒歩5分、

丸の内線・千代田線「国会議事堂前」駅から徒歩7分、

地下鉄千代田線・日比谷線・丸の内線「霞ヶ関」駅から徒歩7分

内容

・ネパール、バングラデシュのストリートチルドレンが映した生活の写真展示

・児童労働を体験するゲー

・児童労働を体験するワークキットおよびビデオ上映

入場料:無料

運営:

共催 (特活)ACE、(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会、
(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン、市民国際プラザ

協力 国際子ども権利センター

お問い合わせ

(財)自治体国際化協会 市民国際プラザ(担当:清水)

電話:03-3519-7581

〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル1階 市民国際プラザ TEL:03-5213-1734

Since© 2007 Citizens' International Plaza & Council of Local Authorities for International Relations All rights reserved.