市民国際プラザ

ホーム  >  市民国際プラザからのお知らせ  >   エボラ出血熱対策に協力いただける自治体を募集しています!

エボラ出血熱対策に協力いただける自治体を募集しています!

市民国際プラザでは、日頃より自治体や地域国際化協会、NGO/NPOの連携強化に向けた活動に取り組んでいます。

昨年12月、世界33ヵ国で人道支援を行うChurch World Services の日本法人CWS Japanと、海外で活躍する日本の国際協力NGOを支える(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)は、横浜市と米国のNGOと協力して、エボラ出血熱の感染が拡大する西アフリカ諸国へ、医療従事者等を感染から守る個人防護具(PPE)3万着の支援を行いました。

 

CWS Japanでは、西アフリカで猛威を奮うエボラ出血熱用の防護具をはじめとした医療機材の深刻な不足に対応し、今後も支援を継続します。今回の横浜市からの無償譲渡を良き先例として、全国の自治体に防護具等の無償供与を呼び掛けています。

 

市民国際プラザは本取り組みの主旨に賛同し、広報協力を行っております。
ご協力をご検討いただける自治体や地域国際化協会の方との個別相談も対応させていただきます。

ご関心のある方は、下記までぜひお問い合わせください。

 

■本件に関するお問い合わせ先
(特活)CWS Japan
東京都千代田区神田駿河台1-8-11 東京YWCA会館213号
担当:牧
電話&FAX:03-5577-4538  メールアドレス:kinkyu@cwsjapan.jp  
URL:http://www.cwsjapan.org/

本件のプレスリリースおよび詳細は下記HPをご覧ください。
http://www.janic.org/pressroom/pressrelease/ebola.php

 

*市民国際プラザは、(一財)自治体国際化協会と(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)で共同運営されています。

 

  
 

 

 

チラシのダウンロードはこちらから:

チラシ1 チラシ2

 

 

〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル1階 市民国際プラザ TEL:03-5213-1734

Since© 2007 Citizens' International Plaza & Council of Local Authorities for International Relations All rights reserved.