市民国際プラザ

ホーム  >  セミナー・イベント開催実績  >  企画展「はたらく子どもの映した世界」開催のご報告

企画展「はたらく子どもの映した世界」開催のご報告

市民国際プラザでは、6月12日の「児童労働反対世界デー」にちなみ、世界の子どもたちに起きている現実を知ってもらうため、(特活)ACE、(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会、(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパンと共催で、「児童労働」をテーマにした、写真展および、教材の展示会を市民国際プラザで開催いたしました。

6月11日(月)〜6月22日(金)の期間中、計99名(内訳:自治体関係者5名、NGO関係者9名、一般65名、学生18名、その他2名)の方が来訪され、児童労働の現場や国際協力NGOの活動の様子、ネパール・バングラデシュのストリートチルドレンが映した生活の写真などをご覧になり、児童労働を体感するワークキット(サッカーボールの手縫い)を体験されました。

企画展   企画展

アンケートでは、以下のような感想が寄せられました。

  • 子どもたちの目線で撮られた写真なので、そこに私たちに伝えたいメッセージが含まれていると感じた。
  • こうした現実がある事を、沢山の人たちが知り、広めていく事に大きな意味があると感じた。
  • 子どもたちが撮った写真はとても新鮮だった。
  • 途上国の現実が写真を通して伝わってきた。
  • 貧困の中に暮らす人たちの辛い部分だけでなく、日常のほのぼのとした一コマなどもあり、少し和んだ。
  • 写真展の他にも資料などがあって勉強になった。

市民国際プラザでは、今後とも世界の現状や、自治体・NGO等の国際協力活動を取り上げた内容の企画展を開催していきたいと思っています。

次回は7月30日(月)〜8月10日(金)の期間で、開発教育・国際教育教材に関する企画展を行なう予定ですので、どうぞご期待ください。

〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル1階 市民国際プラザ TEL:03-5213-1734

Since© 2007 Citizens' International Plaza & Council of Local Authorities for International Relations All rights reserved.