文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

金融機関に求められる環境問題への取り組み

開催日:2009/10/8〜2009/11/6 開催地:東京都

No.0951 by FoE Japan at 2009/10/8 (木) 17:10

10月1日、新しく生まれ変わった国際協力銀行(JBIC)の環境社会配慮ガイドライン(ガイドライン)が、施行されました。2002年4月に制定されたガイドラインの改訂にあたり、2007年11月から2008年9月まで計14回、約1年にわたりコンサルテーション会合で議論が重ねられました。この結果、国際的にみても高い水準の環境社会配慮政策が策定されました。
 本セミナーでは、今回のガイドラインの改訂プロセス・内容を振り返るとともに、金融機関が環境保全に果たすべき役割を改めて考えます。また、特に、ケーススタディーでは昨今注目されている生物多様性にも焦点をあてます。

【日時】2009年11月6日(金)14:00〜17:00(開場13:30)
【場所】環境パートナーシップオフィス(EPO)会議室   
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F
    http://www.geic.or.jp/geic/intro/access.html#epo
【プログラム】(予定)
 基調講演:金融機関が環境社会配慮に果たす役割と重要性
   藤井良広/上智大学教授
 JBICガイドラインの改定のポイント(講演者交渉中)
 NGOによる評価
   田辺有輝/「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
 ガイドラインの効果と課題 −生物多様性と住民移転を事例に−
   渡辺瑛莉・波多江秀枝/FoE Japan

【参加費】1,000円(主催団体・協力団体会員は無料)
【お申し込み】
 下記ウェブサイトよりお申し込み下さい。
  http://www.foejapan.org/aid/doc/evt_091106.html
【主催】FoE Japan、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、メコン・ウォッチ
【協力】地球・人間環境フォーラム

【お問い合わせ】担当:FoE Japan 清水
 Tel: 03-6907-7217
 E-mail:shimizu@foejapan.org


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>