文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

第1回移民映画祭

開催日:2009/11/7〜2009/11/8 開催地:東京都

No.0949 by 移民映画祭実行委員会2009 at 2009/10/7 (水) 17:44

日本には、約220万人、190カ国からの外国人が生活しています。日本を訪れる外国
人も年間900万人を超えました。
政府は、少子高齢化対策のために、移民としての外国人受け入れの検討を始めてい
ます。外国人を受け入れる、
外国人と一緒に住むとは、どういうことなのでしょうか?移民を受け入れている国
や労働者を送り出している国では、
多くの移民に関する映画が作られています。映画を通して、移住、移民、外国人と
の共生について考えるため、
下記の通り、第1回移民映画祭(Migrant Film Festival2009)を企画いたしました。


●名称:第1回移民映画祭(Migrant Film Festival2009)

●日時:2009年11月7日(土)〜8日(日)

●会場:上智大学・10号館講堂(JR中央線・丸の内線・南北線、四ツ谷駅徒歩5
分)

●上映作品
 『ウリハッキョ Our School』 (2006年、韓国・日本、 監督:キム・ミョンジ
ュン、131分)
 『セリとハル Seri & Harr』 (2007年、韓国、監督:チャン・スヨン、91分)
 『ペルマネンシア:この国にとどまって Permanencia』 (2006年、ブラジル
、監督:エリオ・イシイ、70分)
 『あるべらえず うんべると−消え入ぬように−』(2004年、日本、監督:関乃
介、92分)
  Arbelaez Humberto-Into my life
 『ブレッド&ローズ Bread & Roses』 (2000年、イギリス、監督:ケン・ロー
チ、110分)
 『HOME(ドキュメンタリー版)』(2009年、マレーシア・日本、監督:リム・デ
ズリ、48分)
 『ケアギバー介護士 Caregiver』 (2008年、フィリピン、監督:チト・ロノ、
130分)

●共催
  移民映画祭実行委員会2009
 上智大学社会正義研究所 / 上智大学カトリックセンター

●協力
  日本カトリック難民移住移動者委員会(J-CaRM)
  移住労働者と連帯する全国ネットワーク(SMJ)
  国際移住機関(IOM)駐日事務所
  イエズス会・SJハウス
  CCS 世界の子どもと手をつなぐ学生の会
 
●連絡先
  移民映画祭実行委員会2009(担当:有川憲治)
  〒141-0021東京都品川区上大崎4-6-22
  カトリック東京国際センター気付(平日10:00-18:00)
  Tel & Fax: 03-5759-1061
  URL: http://www.mffj.org
  E-mail: info@mffj.org


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>