文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

難民ユースシンポジウム2019

開催日:2019/6/2〜2019/6/2 開催地:東京都

No.5056 by 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン at 2019/5/9 (木) 16:26

ワールド・ビジョン・ジャパンは、2017年に開始した「Take Back Future〜難民の子どもの明日を取り戻そう〜」キャンペーンの一環で、「世界難民の日」に合わせて、若者向けの難民ユースシンポジウムを開催してきました。

第3回目となる「難民ユースシンポジウム2019 世界最大の難民居住地の現状とその未来 〜当事者、訪問者、支援者、受入れ者の視点で考える〜」では、その舞台をウガンダの難民居住地に絞り、そこに逃れ着いた南スーダン難民の子どもたちが置かれている現状とその未来について、当事者、訪問者、支援者、受入れ者の視点で多角的に捉え、考えます。

プログラム詳細はホームページをご覧ください。
https://www.worldvision.jp/news/shien/20190415.html

お申込みはこちら。https://pages.worldvision.jp/2019_sympo.html?_ga=2.189256683.1554344807.1557289213-1826294424.1557289213

■日時: 2019年6月2日(日) 14:00-16:00 (13:30開場)
■会場: 明治大学 駿河台キャンパス リバティーホール(1F)
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1−1
■最寄り駅: 御茶ノ水駅
■対象: 高校生・大学生 (高校生・大学生以外の方もご参加いただけます)
■参加費: 無料
■登壇者:
・開成高校 K-Diffusionorsのメンバー (2019年1月にウガンダのビディビディ難民居住地を訪問)
・Mr. Seme Nelson (ウガンダのビディビディ難民居住地で幼少期を過ごした、元南スーダン難民)
・新垣 修(国際基督教大学 教授。元UNHCR職員。現在、シリア難民留学生受け入れプログラムにも注力)
・Mrs. Grace Betty Akech-Onello(駐日ウガンダ大使)
■ファシリテーター
古田 大輔(BuzzFeed Japan編集長)
■問い合わせ先
・担当者: 堂道 有香
・電話番号: 090-5762-8886
・メールアドレス: yuka_domichi@worldvision.or.jp


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>