文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

60万人以上が避難「ロヒンギャ人権危機と日本外交を考える」

開催日:2017/12/4〜2017/12/4 開催地:東京都

No.4709 by 認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ at 2017/11/30 (木) 16:02

ミャンマー・ラカイン州では今年8月以降のロヒンギャ掃討作戦により、60万人を超えるロヒンギャ住民が隣国バングラデシュへの避難を余儀なくされ、避難者からはミャンマー国軍による深刻な人権侵害が報告されています。
しかし、ロヒンギャ問題への関心は高くなく、日本の貢献の在り方も問われています。11月16日に国連総会第三委員会で採択された、ロヒンギャの迫害を非難する決議でも、米欧など135カ国が賛成するなか、日本は独裁国等と並び「棄権」してしまいました。
本集会では、現地を最近訪れたジャーナリスト、国際人権団体、長らくロヒンギャ問題に関わってきた弁護士、ロヒンギャ当事者の方にお集まりいただき、日本ができる貢献について議員の先生方、そして市民、メディアの皆様に考えていただきたいと考えて企画いたします。

【概要】
日時:2017年12月4日(月) 17時半〜19時(開場:17時)
場所:参議院議員会館 地下一階 B107
〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目1−1
.永田町駅から徒歩4分、.国会議事堂前駅から徒歩7分、溜池山王駅から徒歩12分



主催:ミャンマーの民主化を支援する議員連盟、
認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ、
国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ、
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン

【式次第】
– スピーカーによる報告
– 国会議員の発言
-人権NGOからの訴え

【スピーカー】
– 在日ビルマ人難民申請弁護団 渡邉彰悟 弁護士
– 現地報告: ジャーナリスト 木村元彦氏
– ロヒンギャ難民からの訴え: ゾーミントゥ 氏
– 国連難民高等弁務官事務所(交渉中)

【申込方法】
※事前申込必須(当日正午までに)
参加申込フォームからのお申込み:
こちらの参加申込フォーム(URL: https://docs.google.com/forms/d/1HgoTjq7PehTjIxQfzl7a6PNyLsYiSWM6-VeNS8KiiOk/) からお名前、ご連絡先をご登録下さい。
※上記フォームでご登録できない場合は、お手数ですが、HRN事務局(info@hrn.or.jp)へ、件名を「12/4 ロヒンギャをめぐる人権問題を考える」として、お名前、ご連絡先、ご所属をご送信下さい。

認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ
〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
電話:03-3835-2110 Fax:03-3834-1025
info@hrn.or.jp

110-0005
東京都台東区上野5-3-4
クリエイティブOne秋葉原ビル7F電話:03-3835-2110JR
秋葉原駅から徒歩7分 / JR御徒町駅(南口)から徒歩7分
地下鉄銀座線・末広町駅から徒歩5分


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>