文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

映画上映「セバスチャン・サルガド / 地球へのラブレター」

開催日:2017/3/11〜2017/3/11 開催地:神奈川県

No.4483 by 神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ) at 2017/3/8 (水) 15:53

日時:2017年3月11日(土) 14:00〜16:10
  上映前にMiTAMA Voice Harmony のコーラス付 
  ※30分前開場
場所:あーすぷらざ 2Fプラザホール
参加費:大人400円/小中学生100円
定員:当日先着200名 
   ※定員に達した場合、入場はできませんので、あらかじめご了承ください。
お問合せ先:TEL:045-896-2121
      E-mail:gakushu■earthplaza.jp
     (■を@に変更してください。)
詳細URL:
http://www.earthplaza.jp/ai1ec_event/170311salgado?instance_id=

【本作の詳細】
これまでサルガドは常に人間と向き合い、死、破壊、腐敗といった根源的なテーマを扱ってきた。だが、ルワンダ内戦のあまりにも悲惨な光景を前に深く傷つき、心を病んでしまう。故郷に戻ったサルガドを待っていたのは、まるで彼の心を写したかのように荒れ果てた大地だった…。
長年連れ添い、いくつものプロジェクトに二人三脚で携わってきた妻レリアは、ある壮大な提案をする。それは、新しいプロジェクト「GENESIS(ジェネシス)」の始まりだった――。

2004年から始められたGENESISでは今も地球上に残る未開の場所―ガラパゴス、アラスカ、サハラ砂漠、アマゾン熱帯雨林など、生と死が極限に交わる、ありのままの地球の姿がカメラにおさめられる。サルガドは言う、GENESISとは地球への「ラブレター」なのだと。
誰もが息をのみ、胸打たれる構図に込められたサルガドの想い。それは彼が、幾多の苦しみの果てに見い出した、希望への祈りなのだ。

監督:ヴィム・ヴェンダース、ジュリアーノ・リベイロ・サルガド
ドキュメンタリー(2014年/フランス、ブラジル、イタリア/110分/日本語字幕)


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>