文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

【10/1】山仙式炭化平炉法の開発とアジアでの粉炭技術の普及

開催日:2016/10/1〜2016/10/1 開催地:東京都

No.4326 by APEX at 2016/9/2 (金) 11:38

世界の中でも日本は森林に恵まれた国ですが、適切な管理がなされないことによる森林の荒廃が問題となっています。適正なバイオマス資源の活用技術の開発が必須であり、それは日本のみならず、他の多くの国々でも望まれているものです。

山本粉炭工業は、日本の伝統的な技術をベースとした粉炭製造技術の開発に長年取り組み、シンプルで安価でありながら、良質の粉炭を効率的に製造しうる「山仙式炭化平炉法」を開発され、日本国内ならびにアセアン等(マレーシア・ラオス・タイ等)で、技術の普及に努めておられます。

本セミナーでは、創設者の山本明男氏より、同技術や、アジア各国での技術普及の取組みについてお話を伺います。

【日時】2016年10月1日 (土)  14:30〜17:15 (14:15受付開始)

【会場】JICA地球ひろば セミナールーム601,602
    〒162-8433 東京都新宿区市谷本村町10-5 Tel:03-3269-2911
  ○会場アクセス
      JR中央線/総武線 地下鉄有楽町線/都営新宿線/南北線
      市ヶ谷駅 徒歩10分
  ○地図 http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html


【参加費】 APEX会員:300円、一般:800円

【主催】特定非営利活動法人APEX

【お問合せ先】
    特定非営利活動法人APEX (担当:塩原)
    住所:〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
    TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
    E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org
    HP:http://www.apex-ngo.org/

【詳細・お申し込み】
    http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html

【講師】山本明男(有限会社山本粉炭工業代表取締役)

1944年生まれ。植物系バイオマス資源の有効活用を目指し、1996年に山本粉炭工業を創業、2002年に同社を法人化。量産型の炭化物生成釜に関する15年の研究を経て「山仙プール式炭化平炉」を開発。「木炭・竹炭で地球を守ろう」を社是に、粉炭の生産・多用途開発、および国内外での粉炭生産技術の普及に取り組む。

※本セミナーは、2016年度「適正技術人材幾瀬研修」第4回講義と合同で開催されます。http://apex-ngo.org/kensyu.html


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>