文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

【JICA地球ひろば】マヤ文明の世界遺産と最新の調査研究

開催日:2015/9/25〜2015/9/25 開催地:東京都

No.4017 by JICA地球ひろば at 2015/8/29 (土) 12:17

□マヤ文明の世界遺産と最新の調査研究
−ホンジュラスとグアテマラを中心に−(秋の世界遺産セミナー)

密林にそびえ立つ神殿ピラミッド、広場に林立する石碑、交易に用いられた黒曜石・・・。
マヤ文明は中米で紀元前1000年頃に花ひらき、16世紀まで繁栄した究極の石器文明でした。マヤの支配層は、コロンブス以前のアメリカ大陸で文字、暦、算術、天文学を最も発達させました。
もはやマヤ文明を謎と神秘のベールに包んで論じる時代ではありません。マヤ文字の碑文は王の事績を語り、考古学は実際に生きていた貴族や農民の暮らしを具体的に明らかにします。
そのマヤ文明の実像や世界遺産について、青年海外協力隊の経験や最新の調査研究の成果を交えて、考古学者の青山 和夫氏にお話しいただきます。


関連サイト:
http://www.jica.go.jp/hiroba/event/2015/150925_01.html

日時:9月25日(金)18:30-20:00
場所:JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場
主催:JICA地球ひろば

講師:青山 和夫氏(茨城大学人文学部教授)
【略歴】1962年京都市生まれ。東北大学文学部卒業。ピッツバーグ大学人類学部大学院博士課程修了、Ph.D.(人類学、ピッツバーグ大学)。青年海外協力隊隊員などを経て、茨城大学人文学部教授。専門はマヤ文明学、メソアメリカ考古学・人類学。1986年以来、ホンジュラスとグアテマラでマヤ文明の調査を行っている。「古典期マヤ人の日常生活と政治経済組織の研究」で日本学術振興会賞、日本学士院学術奨励賞を受賞。

対象:ご興味のある方はどなたでも
定員: 100名(先着順)
参加費:無料
住所:東京都新宿区市谷本村町10-5
会場への行き方:
JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図: http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属をお知らせください。
ホームページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>