文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

パルシック・報告会「東ティモールにおける循環型農業への挑戦」

開催日:2015/9/5〜2015/9/5 開催地:東京都

No.3997 by 特定非営利活動法人パルシック at 2015/7/27 (月) 18:38

パルシックは2012年より東ティモールで農業支援を実施しました。マウベシ郡にある標高1,200メートルの山間部は、森林が荒廃して土壌の保水力が低下し、持続可能な農業が困難な自然環境にあります。東ティモールの人びとと共に、畜産・養蜂の導入とバイオガスの普及を通した循環型農業に挑戦してきました。
このイベントでは、農業プロジェクトに携わったパルシックのスタッフ、アデリーノ・カブラルと宮田悠史から、事業報告を行います。またゲストスピーカーとして、自然エネルギーと有機農業の専門家である桑原衛氏を招いて、東ティモールにおける循環型農業の可能性についてお話しいただきます。

スピーカー
アデリーノ・カブラル (Mr.Adelino Cabral) 氏
パルシックの山間部森林型農業プロジェクトのプロジェクト・マネージャーとして、東ティモールの山間部マウベシにて循環型農業にとりくむ。本年7月〜9月までJICAの農業研修のために来日。

宮田 悠史(みやた ひさし) 氏
東京農業大学卒業。2013年から2015年春まで、パルシックの現地事業担当者として、東ティモールの山間部マウベシにて森林を保全する循環型農業プロジェクトに従事。パルシックHPの「みやっちの滞在日誌」にて事業と現地での生活を紹介。

桑原 衛(くわばら まもる) 氏
東京大学大学院工学部修士卒。バイオガス等自然エネルギーおよび有機農業の研究・普及活動の専門家として、東ティモールにおけるパルシックの山間部農民の生計向上事業の指導をおこなう。NPO法人小川町風土活用センター代表理事。

開催日時: 2015年9月5日(土)14:00〜16:00 (開場 13:30)
会 場: 連合会館 205号室(千代田区神田駿河台3−2−11)
最寄駅:http://rengokaikan.jp/access/
(千代田線 新御茶ノ水駅 徒歩0分、丸ノ内線 淡路町駅 徒歩4分、都営新宿線 小川町駅 徒歩2分、中央線・総武線 御茶ノ水駅 徒歩5分)
参加費: 一般:1,000円  学生:800円(資料込み、東ティモールコーヒー付)
定 員: 25名
※日本語通訳付き

●お問い合わせ・お申し込み
お電話、メールにてお申し込みください。
※学生の方は申込時にその旨をお伝えください。
※定員になり次第、締め切ります。
主催:特定非営利活動法人パルシック
〒101-0063千代田区神田淡路町1-7-11東洋ビル1F
Web: http://parcic.org
Tel: 03-3253-8990
Mail: office@parcic.org


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>