文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

バングラデシュ調査報告会

開催日:2014/9/19〜2014/9/19 開催地:東京都

No.3574 by 特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ at 2014/9/9 (火) 16:47

「ラナプラザ倒壊事故から1年、今も続く縫製工場での搾取的労働」

2013年4月24日に起こり、1100人以上が犠牲となったラナプラザ・ビル倒壊事故から早くも一年以上が経過しました。2500人以上の負傷者も出し、現在も200人ちかくが行方不明とされています。

このラナプラザ倒壊事故を受け、バングラデシュの縫製産業に製品を発注していた欧米等のアパレル産業は、2013年5月、欧州企業を中心とする、「バングラデシュにおける火災予防及び建設物の安全に関する協定(通称:アコード)」を、また同年7月には、北米企業などが参加する、「バングラデシュ労働者の安全のための同盟(通称:アライアンス)」を結成し、それ以後工場の安全対策の強化に関する施策が進められています。

しかし、HRNの現地調査、こうした対策の実施状況は労働者の人権を基礎に置くものとはいえず、現状の対策と縫製工場労働者の権利の実現との間には深刻なギャップがあり、労働者の置かれた人権状況が深刻であることや、また遺族、被害者への補償は甚だ不十分なことが明らかとなりました。

ラナプラザ事故の生存者の方や縫製工場労働者への聞き取りで判明したこと、解決すべき問題はなんなのか、事実調査をもとに報告させていただきます。

そのうえで、いかなる法的な解決が実現すべきか、ドナーである日本、国際的アパレル産業およびバイヤーなどの果たし得る責任とは何かについて議論していきたいと思います。


【日時】2014年9月19日(金)  18:30〜20:30

【場所】中央区立女性センター ブーケ21

    http://bouquet21.genki365.net/

    東京メトロ日比谷線・JR 京葉線

    八丁堀駅下車 A2・B3 出口徒歩3分

【定員】60名

【資料代】1000円


報告≫伊藤和子(ヒューマンライツ・ナウ事務局長・弁護士)

     ほかHRNバングラデシュ事実調査団


コメント≫海野みづえ氏((株)創コンサルティング代表)

      盒興[椹瓠聞餾歐邑NGO、ビジネス・人権資料センター日本代表)


主催≫特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ


【参加申込】
ヒューマンライツ・ナウ事務局まで、メール(info@hrn.or.jp) または電話(03-3835-2110)にて、「9/19 バングラデシュ報告会参加希望」の旨と、氏名、連絡先などを記載の上、お申込み下さい。


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>