文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

8/2(土)-8(金)カンボジア映画上映@渋谷

開催日:2014/8/2〜2014/8/8 開催地:東京都

No.3487 by カンボジア市民フォーラム at 2014/7/21 (月) 17:10

<以下、転送歓迎>
---------------------------------------------------------------------------------
コミュニティシネマセンターより、カンボジア映画 『おばあちゃんが
伝えたかったこと〜カンボジア・トゥノル・ロ村の物語』の公開の
ご案内をいたします。

カンボジアの巨匠、リティ・パニュ監督最新作『消えた画〜クメール・
ルージュの真実』の日本公開に合わせ、『おばあちゃんが伝えた
かったこと』を、8月2日(土)から渋谷・ユーロスペースにおいて
公開いたします。

初日のシンポジウムをはじめ、毎日夜の回の上映前には多彩な
ゲストをお招きしてトークイベントを開催いたします。
8月5日(火)には、カンボジア市民フォーラムの上村未来さんにも
ご登壇していただきます!
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。


『おばあちゃんが伝えたかったこと〜カンボジア・トゥノル・ロ村の物語』
監督:エラ・プリーセ、ヌ・ヴァ、トゥノル・ロ村の人々  
カンボジア/ 2011/ 54分

公式ウェブサイト:thnollok.jp
公式facebookページ:https://www.facebook.com/thnollok

◆あらすじ◆
カンボジアでは、1975〜79年のクメール・ルージュの支配下で200万人
もの人が亡くなったと言われる。2008年、プノンペンで旧ポル・ポト政権
の虐殺を裁く特別法廷が開かれるなか、監督らは“キリング・フィールド”
近くのトゥノル・ロ村へカメラや機材を持ち込み、ポル・ポト時代を生き
延びた人々の記憶を掘り起し、若い世代に伝えていくため、ワーク
ショップを行う。村人たちは、監督たちの思いを越えて、辛い記憶を
再現する映画をつくりはじめる。

◆公開案内◆
【会場】
ユーロスペース(145席) 渋谷区円山町1-5
(渋谷・文化村前交差点左折)KINOHAUS 3F
TEL:03-3461-0211

【チケット】
1200円(当日のみ)

【スケジュール】
2014年8月2日(土)〜8月8日(金) 
(時間と登壇者は事情により変更となる場合がございます。
予めご了承ください。)

8/2(土)
11:00−(上映 )/ 18:45−(シンポジウム)/ 20:00−(上映)
シンポジウム「記憶を記録すること」 
川瀬 慈  映像人類学研究者/国立民族学博物館助教
西 芳実  京都大学地域研究統合情報センター准教授
藤井 光  映画監督/美術家
大久保 賢一(司会) 映画評論家/コミュニティシネマセンター理事

8/3(日)
11:00−(上映 )/ 19:00−(トーク)/ 19:30−(上映)
トーク:大久保 賢一

8/4(月)
11:00−(上映 )/ 21:00−(トーク)/ 21:30−(上映)
トーク:新谷 春乃 東京大学大学院総合文化研究科博士課程

8/5(火)
11:00−(上映 )/ 21:00−(トーク)/ 21:30−(上映)
トーク:上村 未来 カンボジア市民フォーラム事務局調整員

8/6(水)
11:00−(上映 )/ 21:00−(トーク)/ 21:30−(上映)
トーク:福富 友子 カンボジア伝統芸能研究/東京外国語大学非常勤講師

8/7(木)
11:00−(上映 )/ 21:00−(トーク)/ 21:30−(上映)
トーク:鈴木 伸和 フィルム技術者。研修生としてプノンペンの
ボパナ視聴覚資料センターに派遣予定

8/8(金)
11:00−(上映 )/ 21:00−(トーク)/ 21:30−(上映)
トーク:安田 菜津紀 フォトジャーナリスト

◎お問合せ:コミュニティシネマセンター(岩崎/土井/小川)
film@jc3.jp
050-3535-1573
=====================
<転送、以上>


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>