文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

イラクの日常生活をテーマにした写真展 東京で開催

開催日:2014/7/26〜2014/8/6 開催地:東京都

No.3483 by Save the Asian Monuments at 2014/7/19 (土) 11:12

現在、イラクでは戦後の復興も少しずつ軌道に乗り、市民の生活も平穏を取り戻しつつあります。しかし、未だに諸外国では治安の悪化、自爆テロなどの危険が喧伝され、渡航自粛地域として敬遠されています。そのため、世界遺産として有名なメソポタミア文明の遺跡や文化遺産を有しながらも、訪れる人もなく、風化が進んでいます。

 こうした中で、イラク写真協会に所属する約1万6千人のカメラマンたちは、混乱に見舞われながらも、平穏を取り戻しつつある新生イラクの日常の営みや生活の風景を愛し、数多くの写真を撮りました。本写真展ではこの中のごく一部ではありますが、彼らの撮った写真を日本の人々に紹介します。

日時:7月26日から8月7日まで
時間:10:00〜16:00
会場:
国士舘大学イラク考古文化研究所
(小田急線梅丘駅下車徒歩10分)
入場料:無料

詳細HP
http://www.npo-sam.org/iraq24/index.html

皆様のお越しをお待ちしています。


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>