文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

「アジア地域に適した生活排水処理技術の開発と普及」

開催日:2014/7/26〜2014/7/26 開催地:宮城県

No.3458 by 特定非営利活動法人APEX at 2014/7/2 (水) 15:58

東北大学・APEX合同ワークショップ「アジア地域に適した生活排水処理技術の開発と普及」

近年のアジア地域の経済発展や都市化の進展には著しいものがありますが、必要なインフラの整備が伴わないため、さまざまな問題が生じている場合が多く、とりわけ水質汚濁や劣悪な衛生環境の改善は大きな課題です。生活排水や産業排水を適切に処理していくことが欠かせませんが、そのためには、低コスト・低エネルギー消費で、運転・保守が容易であり、かつ処理水質が良好な技術が求められます。

東北大学とAPEXは、それぞれ20年近くの年月をかけて、そのような、アジア地域に適合的な排水処理技術の開発を進めてきました。別個に取り組んできたものでありながら、ともに嫌気性処理と好気性処理を組み合わせてプロセスを構成しており、また、好気性処理部分において、東北大学ではDHS(下向流スポンジ懸垂型リアクター)、APEXでは立体格子状接触体回転円板と、オリジナルな技術を開発し、採用している点でも共通性があります。一方、東北大学の技術は中〜大規模な下水道にも通用し、APEXの技術は小規模なコミュニティ排水処理に適するという、相補的な側面も持っています。特に小規模システムでは、住民の主体的な受容との動的連関から技術をとらえていくことも重要となります。

東北大学の技術開発は、JST科学技術振興調整費プログラムによって加速された後、JST-JICAの“地球規模課題対応国際科学技術協力事業(SATREPS)プログラム”や文部科学省の“社会システム改革と研究開発の一体的推進事業”としてさらに開発が進み、実機化と普及の段階を迎えています。

一方、APEXの技術は、9基のモデルシステムをインドネシアの4つの都市に配置し、それを基盤として、広域的普及を展望する段階となっています(JICA草の根技術協力事業草の根パートナー型)。それらの実績により、環境賞・優秀賞(日立環境財団他主催)、GOODプロジェクト「世界を変えるトイレ大賞」(日本水フォーラム主催)の二つの賞の受賞にもいたりました。

この合同ワークショップでは、それらの技術を紹介し、これまでの活動の開発や経験をふまえながら、これからのアジア地域に適合的な排水処理技術について考えます。

【日時】
2014年7月26日 (土)  14:00〜17:30

【会場】
「エル・パーク仙台」5階セミナーホール1・2
住所:〒980-8555 宮城県仙台市青葉区一番町4丁目11番1号
141ビル(仙台三越定禅寺通り館)
http://www.sendai-l.jp/whats/  
仙台市営地下鉄南北線 勾当台公園駅下車
南1番出口より地下道で連結
※仙台駅から泉中央駅行きで2駅)

【参加費】 無料

【主催】
東北大学・原田秀樹研究室
特定非営利活動法人APEX

【お問合せ先】
特定非営利活動法人APEX (担当:塩原)
住所:〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-930
E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org
HP:http://www.apex-ngo.org/

【ウェブ申込】
http://www.apex-ngo.org/workshop.html


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>