文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

『ジャカルタ漁港物語−ともに歩んだ40年−』

開催日:2014/6/5〜2014/6/5 開催地:東京都

No.3387 by JICA地球ひろば at 2014/5/17 (土) 16:51

□プロジェクト・ヒストリー刊行セミナー『ジャカルタ漁港物語−ともに歩んだ40年−』開発コンサルタントの仕事とは?

JICA研究所では、これまでに行ってきたJICAの事業を振り返り、その軌跡と成果を分析して書籍としてまとめた「プロジェクト・ヒストリー」シリーズを刊行しています。本シリーズの第10弾として、2014年3月、『ジャカルタ漁港物語−ともに歩んだ40年−』が刊行されました。本書の出版記念セミナーを一般社団法人 海外コンサルティング企業協会(ECFA)とJICA研究所、地球ひろばとの合同で開催いたします。

インドネシアの主要産業の一つである水産業。その拠点となるのが首都にあるジャカルタ漁港です。2011年の水産物取扱量は約19万トンにもなり、日本の主要漁港の取扱量とほぼ同等の規模を誇る漁業拠点です。この漁港は日本のODA事業によって整備されました。漁港の整備に伴い、この地域は新設された中央水産物卸売市場や水産加工団地、沿岸レクリエーションの機能も持つ一大漁業複合施設となりました。またこの大漁港の誕生は、水産業の発展による経済の活性化はもちろん、新規雇用の創出、ジャカルタ市民の食生活の改善などにもつながりました。そして水揚げされた魚は日本の食卓にも届けられるようになったのです。

この一大プロジェクトがどのようにして生まれ、施工され、発展していったのか、その過程で開発コンサルタントはどのような問題に直面し、どのように克服したのか。ODAプロジェクトとは何か、開発コンサルタントの仕事とは何か。本書は国際協力の現場の第一線に40年立ち続けた開発コンサルタントの目線からの記録と考察です。

本セミナーは著者の折下 定夫氏を講師にお迎えし、本プロジェクトの概要や今日に至る軌跡、また、開発コンサルタントとしてのやりがいなどについてお話いただきます。

講師:折下(おりしも) 定夫氏(株式会社オリエンタルコンサルタンツ GC事業部港湾部プロジェクト部長)


関連サイト:
http://www.jica.go.jp/hiroba/event/2014/140605_01.html

日時:6月5日(木)18時30分から20時
場所:JICA市ヶ谷ビル 6階 セミナールーム600
主催:JICA研究所・地球ひろば、一般社団法人 海外コンサルティング企業協会(ECFA)
定員:90名(先着順)
対象:ご興味のある方はどなたでも
参加費:無料
住所:東京都新宿区市谷本村町10-5
会場への行き方:
JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先、ご所属をお知らせください。
ホームページからもお申込み頂けます。
申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel:0120-767278
e-mail:chikyuhiroba@jica.go.jp


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>