文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

◆東日本大震災シンポジウム◆

開催日:2014/3/25〜2014/3/25 開催地:東京都

No.3310 by 国際協力NGOセンター(JANIC) at 2014/3/19 (水) 15:55

◆東日本大震災国際シンポジウム◆
市民社会による災害支援活動 その使命と可能性 〜日本の教訓を世界の未来へ届けよう〜
http://www.janic.org/earthquake/news/gndr325.php 

東日本大震災の経験をムダにしないために。世界へ、未来へ残したい教訓を共有するイベントを開催します。
3年前、震災後72時間以内に被災地に入り、直後から今まで幅広い支援をしてきた市民たちが語ります!

災害への備えは世界中に共通した課題。災害大国日本だからこそ、世界に、未来に伝えていく義務があるはず。
これからを担う世代に役立ててもらうために、被災地での支援から得た教訓を伝えたいと思っています。

現地に向かったことがある方も、これまで足を運ぶことができなかった方も、
この機会に参加して、この教訓を世界の未来へ伝えていく一人になって下さい。
たくさんの方のご参加お待ちしております。

【日時】2014年3月25日(火)15:00〜18:00(受付開始14:30)

【場所】国立オリンピック記念青少年総合センター
(東京都渋谷区代々木神園町3-1)センター棟101室

【目的】日本の市民社会組織が東日本大震災支援活動から得た教訓と今後の可能性を世界の未来につなげる

【プログラム】
●市民社会組織による支援活動の現状と課題 CSO合同レビュー調査報告
田島誠 (JANIC震災タスクフォース チーフコーディネーター)

●福島でつながり合う市民社会組織の力
竹内俊之(JANIC福島事務所 所長)

●2015年国連世界防災会議へ向かう国際潮流とは
マーカス・オクスレイ氏(市民社会による防災国際ネットワーク GNDR代表)
マヌー・グプタ氏(NGOアジア防災・災害救援ネットワーク ADRRN 代表)

●日本の市民社会の経験から、世界の防災・減災へパネルディスカッション)
・小美野剛氏 (チャーチ・ワールド・サービス-アジア太平洋 緊急対応部長 兼 CWS Japan事務局長)
・三村悟氏 (福島大学うつくしまふくしま未来支援センター 環境エネルギー部門特命教授 / 独立行政法人国際協力機構経済基盤開発部参事役)
・村井雅清氏(被災地NGO恊働センター 代表)
・山本隆氏 (ピースボート災害ボランティアセンター 代表)(モデレーター)

お申込みはコチラから↓
http://www.janic.org/earthquake/news/gndr325.php

【主催】国際協力NGOセンター(JANIC)
【協力】CWS Japan、ピースボート災害ボランティアセンター、
福島大学うつくしまふくしま未来支援センター
【助成】Give2Asia、CWS Japan、連合・愛のカンパ


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>