文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

津波の足跡−あれから3年を経て−(3/16)

開催日:2014/3/16〜2014/3/16 開催地:東京都

No.3274 by JICA地球ひろば at 2014/2/19 (水) 16:41

写真展関連セミナー「津波の足跡−あれから3年を経て−」

東日本大震災から3年が経とうとしています。

日本在住のイラン人ジャーナリスト、アフシン・バリネジャド氏は、東日本大震災発生直後に取材のため現地入りしたことをきっかけに、現在も頻繁に東北を訪れ、ボランティア活動を続けながら、写真を撮り続けています。

JICA地球ひろばでは、3月1日(土)から3月31日(月)まで、写真展「外国人ジャーナリストが見た東日本大震災−あれから3年、その後の復興への歩み−」と題し、氏がこの3年で撮りためた記録写真を市ヶ谷ビル内に展示しています。

ご自身も地震多発国イランに生まれたバリネジャド氏は、祖国から遠く離れた日本で未曽有の災害の“目撃者”となったことに、ジャーナリストとしての運命を感じつつも、これほどまで東北から目が離せなくなり、通い詰めるとは想像もしていなかったそうです。「人々の苦しみや悲しみだけでなく、行く先々で出会った東北の人々の笑顔、勇気、心意気を知っていただきたい」という強い思いで取材と撮影を重ねてきました。セミナーでは人々との交流から感じたことや、震災から3年後の被災地の現状などをお話しいただきます。

講師:アフシン・バリネジャド氏(フリージャーナリスト)

関連サイト:
http://www.jica.go.jp/hiroba/event/140316_01.html

日時:3月16日(日)14時から15時30分
場所:JICA市ヶ谷ビル 1階 市民のひろば(体験ゾーン内)
主催:JICA地球ひろば
定員:40名(先着順)
対象:ご興味のある方はどなたでも
参加費:無料
住所:東京都新宿区市谷本村町10-5
会場への行き方:
JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分、都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分、東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
主催:JICA地球ひろば
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属をお知らせください。
ホーム―ページからもお申込みいただけます。
申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel:0120-767278
e-mail:chikyuhiroba@jica.go.jp


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>