文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

彼女たちの目に映る、“人身取引”という世界

開催日:2014/3/8〜2014/3/8 開催地:東京都

No.3259 by 人身取引被害者サポートセンターライトハウス at 2014/2/10 (月) 13:11

将来国際機関で働きたい方へ!

国際協力に興味のある大学生の皆さん!

いま国際社会で大きな問題になっている「人身取引」について
国際機関やNPOで解決に向けて、国内外で活躍している人たちと一緒に考えませんか。

「人身取引(人身売買)」は現代の奴隷制と呼ばれ、ヒューマンライツを脅かすだけでなく、先進国をも悩ます経済的・政治的課題になっています。

実は、ここ日本でも、10代・20代の少女/女性が人身取引の被害にあっています。人身取引はグローバル課題だけれども、日本の問題でもあり、特に日本は対応の遅れが目立つという指摘があります。

3月8日は国連が定めた女性の日です。皆さんがこの問題を知り、すべての女性や少女たちが輝く社会にするために一緒に考えましょう!イベントではSWSX映画祭でトリプル受賞をした話題作、アメリカで実際に起こった19歳の少女への人身取引事件を基にした映画『EDEN』が鑑賞できます!

国際機関で活躍する現役職員の方や人身取引をなくすために最前線で活動しているNGOの代表が登壇するので、社会課題を解決するために活動している方々の「現場の生の声」を聞くこともできます。

将来のキャリア形成にも、学生のうちに何ができるのか学ぶにも、役に立つ情報がいっぱいです。また、日本で女性がもっと活躍する場を増やすために考える場にしたいと企画しています。

たくさんの”未来のグローバル人材”たちと一緒に、議論をしましょう。


日時:3月8日(土)午後1時〜午後4時
場所:上智大学四ツ谷キャンパス3-521
参加費:無料(学生の方を優先します。学生は学生証をご提示下さい)


プログラム:
●映画「EDEN」上映
●対談「拡大する子どもと女性の人身取引:解決に向けて、学生時代からできること」

下記ページの応募フォームより申込み下さい:
http://lhj.jp/noncategory/2014/02/08/906


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>