文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

多文化社会実践研究・全国フォーラム(第7回)

開催日:2013/11/30〜2013/11/30 開催地:東京都

No.3139 by 東京外国語大学 多言語・多文化教育研究センター at 2013/11/20 (水) 15:17

多文化社会実践研究・全国フォーラム(第7回)

テーマ:多文化社会人材の専門職化
    ―人材養成の取り組みから可能性を探る―
---------------------------------------------------------------
【日時】2013年11月30日(土)10:00-18:00/ 懇親会18:20-19:30
---------------------------------------------------------------
【場所】東京外国語大学府中キャンパス(西武多摩川線多磨駅より徒歩 ほか)
    http://www.tufs.ac.jp/access/tama.html
---------------------------------------------------------------

東京外国語大学 多言語・多文化教育研究センターでは多文化社会の課題に取り組む全国の実践者、研究者が一堂に会し意見交換する場として「多文化社会実践研究・全国フォーラム」を毎年開催しています。7回目となる今回は、多文化社会の人材養成の取り組みについて、中心的に関わっている方々からご報告をいただき、その意義と課題、さらに多文化社会を担う人材の専門職化の可能性および課題点について議論を進めます。


<プログラム>
○パネルディスカッション (10:10-11:50)
司法分野における遠隔通訳の実験的取り組みとコミュニティ通訳の役割
―13の弁護士会との協働研究から
パネリスト
 名倉貴之(コミュニティ通訳コース修了者、スペイン語通訳者)
 盂 亮(弁護士、関東弁護士会連合会 外国人の人権救済委員会副委員長)
 指宿昭一(弁護士、関東弁護士会連合会 外国人の人権救済委員会委員長)
 内藤 稔(本センター特任講師)
コーディネーター
 杉澤経子(本センタープロジェクトコーディネーター)


○ランチタイムセッション
遠隔通訳デモンストレーション (12:00‐/ 12:20- *各15分間)
 午前中のパネルディスカッションのテーマである「遠隔通訳」が実際にはどのように行われているのか、その一端を実演します。


○研究発表セッション機12:40-14:10) ・ (14:20-15:50)
日本の多言語・多文化化に関する実践や研究をしている方々が発表します(個人・グループ)
詳細は http://www.tufs.ac.jp/blog/ts/g/cemmer/2013/10/7_4.html


○特定課題セッション (13:50-15:20)
多文化社会における専門人材に関する研究発表
発表者/発表テーマ
 菊池哲佳(《公財》仙台国際交流協会)/多文化共生推進士
 北村祐人(名古屋大学とよた日本語学習支援システム)/地域日本語教育コーディネーター
 碾帽畭紂福堝坦茵婬楮衒顕祝槓沺法紳進顕愁宗璽轡礇襯錙璽ー、多文化共生マネージャー
 新居みどり(NPO法人国際活動市民中心)/ボランティアコーディネーター
 奈良雅美(関西学院大学)/社会教育主事
 宮澤千澄(横浜市教育委員会)/児童支援専任教諭、多文化教育コーディネーター
ディスカッサント
 小山紳一郎(《公財》ラボ国際交流センター常勤理事)
 山西優二(本学特任研究員、早稲田大学文学学術院教授)
コーディネーター
 杉澤経子(本センタープロジェクトコーディネーター/研究会チーフ)


○パネルディスカッション (16:00-18:00)
「多文化」を巡る専門人材の養成と専門職化への可能性 ―制度化に向けての論点整理
パネリスト
 古屋幸一(財団法人自治体国際化協会 多文化共生部多文化共生課長)
 結城 恵(群馬大学 大学教育・学生支援機構教育基盤センター教授)
 石河久美子(日本福祉大学 社会福祉学部教授)
 阿部 裕(多文化間精神医学会理事、明治学院大学心理学部教授)
コーディネーター
 山西優二(本学特任研究員、早稲田大学文学学術院教授)

○懇親会(学内)(18:20-19:30)

※プログラムの詳細は http://www.tufs.ac.jp/blog/ts/g/cemmer/2013/09/7_3.html からご覧いただけます。

※当日参加された方で希望者には、
.「シリーズ多言語・多文化協働実践研究17 多文化共生政策の実施者に求められる役割―多文化社会コーディネーターの必要性とあり方」
・「多言語多文化 実践と研究 Vol.5」
・「在日タイ語圏児童のための漢字教材」(1年生配当漢字)印刷見本版
を差し上げます。
(お一人様(1団体)各一冊とさせていただきます)


<参加費> 無料(懇親会のみ3,000円)

<申込み> http://www.tufs.ac.jp/blog/ts/g/cemmer/zenkoku7_entry.html からお申し込みください。




<主催・問い合わせ先>
東京外国語大学 多言語・多文化教育研究センター
042-330-5441  tc-zenkoku@tufs.ac.jp


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>