文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

平成25年度 国際森林・林業協力人材育成研修

開催日:2013/11/15〜2013/11/25 開催地:東京都

No.3005 by 公益財団法人 国際緑化推進センター at 2013/9/11 (水) 15:14

 近年,海外における森林・林業協力分野で活躍する人材には,林業知識はもとより開発協力に対する広い理解が求められています。
 当センターでは,開発途上地域における森林造成・保全活動等の一層の推進を図るために,これまでも国内外における研修を開催し人材の育成に長年取り組んできましたが,今年度も引き続き,わが国NGOの活動家や,これから海外を対象とした森林・林業協力事業に係わることを希望する方々を対象として,「国際森林・林業協力人材育成研修」を下記のとおり実施します。

【研修目的】
 開発途上地域において熱帯林造成を行っているNGOなどの活動家に対し,森林造成技術等の研修を海外で実施し,優秀な人材を育成することを目的としています。特に今年度は,生物多様性を考慮に入れた住民参加型森林保全・造成活動のあり方について,講義や現地視察等,参加者同士の意見交換等を通して,参加者自らが考察し学び取れる機会を提供することに配慮します。

【研修概要】
 インドネシアはかつて森林資源の豊かな国でしたが,過度の伐採,農業開発による農地への転換等により,現在では荒廃した林地が各所に広がりつつあります。バリ島の東隣に位置する西ヌサテンガラ州ロンボク島にもそのような荒廃地が大きく広がっており,国際緑化推進センター(JIFPRO)は,1996年から当地で荒廃地の再緑化活動の協力を行ってきました。1996年の造成地は既に立派な森林として成立しており,生態系を構成する動物相,植物相はより多様性の高い形へ変化してきています。
 本研修では,同州森林局及び国立マタラム大学,インドネシア科学技術院の協力を受け,JIFPROや他の団体が実施している再緑化事業の現状・あり方等について講義や視察を通して学びます。具体的には,森林造成活動が生物多様性の保全・復旧に果たす役割や多様性を効率的に増進させるための緑化手法,当地での‘住民参加型森林保全・造成活動’のあり方等をコミュニティフォレスト造成地や現地事業参加者との話し合いを通して学びとり,支援者の立場からどのようなアプローチで森林造成活動に携わっていくべきか等について,現地の関係者と意見交換を行い考察します。

【参加資格】
 海外を対象とした森林・林業協力事業の参加者
 (現在,海外を対象とした森林・林業協力分野や開発協力分野の事業に携わっている実務者,或いは,将来においてそれらの活動に携わることを希望する者)
 なお,参加者は熱帯地域での実習に耐えられる健康と,基礎的な英語力を必要とします(インドネシアでの講義・説明は英語で行われますが,通訳の配置は予定していません)。また,国内の事前研修(2日間)にも参加できることを前提とします。

【募集人員】
 10名程度

【参加費】
 7万円
 なお,日本国内旅費,旅券取得・予防接種にかかる費用,及び研修期間中の食事代等個人的諸経費は参加者の自己負担となります。

申込方法・研修内容の詳細につきましては,国際緑化推進センターのホームページ http://www.jifpro.or.jp をご参照下さい。


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>