文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

第3回国際医療英語検定(CBMS)

開催日:2013/11/9〜2013/11/9 開催地:東京都

No.2874 by 一般財団法人グローバルヘルスケア財団 at 2013/6/19 (水) 05:42

2013年11月9日(土)に「第3回 国際医療英語検定(CBMS)」を東京と名古屋で実施します。医療分野の国際協力に関心がある方にお勧めします。
先端医療推進機構とグローバルヘルスケア財団は、2011年から「国際医療英語検定」(Certification For Bilingual Medical Staff:CBMS)を毎年実施してきました。これは、医師、看護師、医療事務など医療に携わるスタッフや学生を対象に、医療英語のスキルアップを促すために行う検定試験です。入門編のBasicと上級編のAdvancedの2つのコースがあります。
過去2回の試験で200名以上が受験しました。第3回目となる今年は、初めて東京にも試験会場を設けます。
【URL】
http://www.japsam.or.jp/japsam/CBMS_NEW/

<国際医療英語検定(CBMS)の概要>
●目的:
 医療分野に携わる方々、医療分野に関心のある方々や学生などを対象に、医療現場における英語コミュニケーション能力を認定するものです。

●特徴:
 CBMSの試験問題は、医療に携わる医師や英語教育の専門家の手により、医療現場で必要な英語スキルを認定するために作られています。リスニングとリーディングの選択問題に答える形式の筆記試験です。合否判定形式ではなく、受験者が獲得した得点を認定する試験です。試験結果の通知の中で、「会話応答」、「会話要点理解」、「語彙・語法」、「専門用語」、「読解」など、各分野の正答率が示されます。受験者はこの結果をもとに、自分の医療英語力を客観的に把握し、今後の学習に役立てることができます。
 CBMSは医療英語のスキルを表す指標となります。学生の就職面接やスタッフの人事面談のときに、医療英語のスキルや、それまでの努力について説得力のあるアピールをすることができるため、就職やキャリアアップに役立ちます。

●コース
・入門(Basic)
 医療英語初心者を対象にした検定
 試験問題数:リスニング40問、リーディング50問、合計90問
 試験時間:リスニング30分、リーディング60分、合計90分
 スコア:600点満点

・上級(Advanced)
 より専門的な医療英語に挑戦する上級者を対象にした検定
 試験問題数:リスニング60問、リーディング100問、合計160問
 試験時間:リスニング45分、リーディング75分、合計120分
 スコア:800点満点

●試験概要
・日程:2013年11月9日(土)
 入門(Basic)9:30-11:00(受付9:00)
 上級(Advanced) 9:30-11:30(受付9:00)/14:00-16:00(受付13:30)
・会場:
 東京会場 国立国際医療研究センター(東京都新宿区戸山1-21-1)
 名古屋会場 ウインクあいち(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
・検定料: 7,500円 (認定証発行料を含む)

●申込み方法
下記のURLのフォームから申し込みいただくか、所定の申込書に必要事項を記入の上、FAX、メール又は郵送で申込み。次の期間で受け付けます。
・10/5(土)セミナー(名古屋):申込期限9/20(金)
・10/20(日)セミナー(東京) :申込期限10/4(金)
・11/9(土)試験(東京・名古屋):申込期限10/18(金)
申込み方法:http://www.japsam.or.jp/japsam/CBMS_NEW/apply.html

<申込み先>
一般財団法人グローバルヘルスケア財団 CBMS 事務局
住所:〒464-0858名古屋市千種区千種 2-22-8  名古屋医工連携インキュベータ411号
Tel/Fax: 052-745-6883
E-mail: cbms@japsam.or.jp


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>