文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

【JICA地球ひろば】第6回国際協力リレーセミナー

開催日:2013/7/18〜2013/7/18 開催地:東京都

No.2831 by JICA地球ひろば at 2013/5/31 (金) 18:20

第6回国際協力リレーセミナー「協力隊の先輩たちに聞く!!途上国現場の壁をどうのりこえるか?−コスタリカ・自然保護区と周辺住民のよりよい関係作りを目指して−」

JICA地球ひろばでは、国際協力リレーセミナーと題し、国際協力に関心を持つ大学生を対象に、クロストークを交えた公開ゼミを開催します。

今年度は、「協力隊の先輩たちに聞く!!途上国現場の壁をどうのりこえるか?」をテーマに、貧困や紛争・環境保全・食糧・ジェンダーなど、各分野で活躍している青年海外協力隊経験者を招き、任期中の仕事の進め方や課題解決の方法、また帰国後その経験がどのように役立っているかなどをお話しいただきます。

後半にはクロストークの時間を設け、セミナー終了後に参加者同士の交流を深める懇親会も予定しています(希望者のみ、21時まで)。このセミナーで大学の枠を超えた国際協力の輪を広げてみませんか。

今回は、2010年から2年間、中米コスタリカの海洋国立公園で活動された武田 淳さんです。武田さんが赴任した公園は、哺乳類の密猟や、水産資源の密漁の問題を抱え、それをどのように解決するかが課題となっていました。単にパトロールを強化して、密猟者を締め出すのは簡単かもしれません。しかし、それでは問題の根本的な解決にはなりません。そこで武田さんは、地域の人々がなぜ密猟・漁をするのか(せざるを得ないのか)といった社会的背景を調査しました。本セミナーでは、この事例をもとに、自然保護区と人々の生活の両立のために、何が必要なのかを参加者の皆さんと考えます。

このように、自然保護区を巡っては、自然を利用したい住民と、資源の利用を規制したい保護区(政府など)の間に軋轢が生まれることが少なくありません。武田さんは現在、そうした問題をどのように克服し、住民と保護区のより良い関係をいかに構築できるかというテーマで研究活動をしておられるので、そこから見えてきたことなどもお話しいただきます。

なお、このリレーセミナーには、横浜国立大学大学院教授の藤掛 洋子氏にファシリテーターとしてご出席いただきます。途上国や国際協力に興味のある方、今ではなくてもいつか青年海外協力隊に挑戦したいと考えている大学生の皆さんの積極的な参加をお待ちしています!


講師:武田 淳氏(横浜国立大学大学院 博士後期過程)

ファシリテーター:藤掛 洋子氏(横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院・教授)


対象:国際協力に興味のある大学生


関連サイト:
http://www.jica.go.jp/hiroba/event/201307.html#a01-0718-01

日時:7月18日(木曜日)18時30分から20時
場所:JICA市ヶ谷ビル 2階 セミナールーム202AB
定員:40名(先着順)
参加費:無料(ただし懇親会参加者は500円)
住所:東京都新宿区市谷本村町10-5
会場への行き方:
JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属をお知らせください。
懇親会に参加される方は、その旨を合わせてご連絡ください。
ホーム―ページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel:0120-767278
e-mail:chikyuhiroba@jica.go.jp


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>