文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

生活向上と環境保全に向けた農業技術協力

開催日:2013/5/26〜2013/5/26 開催地:神奈川県

No.2792 by (一財)地球・人間環境フォーラム at 2013/5/14 (火) 16:42

TICAD 垢妨けて
生活向上と環境保全に向けた農業技術協力
〜アフリカにおける日本の大学・企業・研究機関による活動と今後のあり方〜

●背景・目的
第5回アフリカ開発会議(TICAD 后砲惴け、日本の諸機関の取り組みや連携方法、成果、課題等 について紹介します。アフリカにおける生活向上や 環境保全、持続可能な資
源の利用に向けた、農村開発の支援や協力について今後の方向性を考えます。

●日時
2013年5月26日(日)14:00〜16:45

●場所
JICA横浜4階 かもめ (神奈川県横浜市中区新港2-3-1)
※桜木町駅、関内駅から徒歩約15分、馬車道駅から徒歩約8分。

●申込方法(※要申込・参加費無料)
event@gef.or.jp 宛に以下について送付下さい。
1)ご氏名、2)ご所属、3)懇親会参加有無、4)電話番号、5)E-mail

●プログラム(予定)
コーディネーター:佐藤寛氏(国際開発学会会長)

●第一部:事例紹介◆14:00〜
発表者
・飯嶋盛雄氏(近畿大学):
  半乾燥地の水環境保全を目指した洪水−干ばつ対応農法の提案
・天目石慎二郎氏(JICA):
  日本・ブラジル・モザンビーク三角協力によるモザンビーク熱帯農業開発プログラム
・南雲不二男氏(JIRCAS):
  西アフリカに保全農業導入は可能か?〜ガーナ、ブルキナファソでの取り組み〜
・西嶋良介氏(ヤマハ発動機):
  BOP ビジネスで農業支援〜砂漠化、水不足に直面するセネガルの農村で〜
・小林正典氏(横浜国立大学):
  マダガスカルの農村における資源管理技術の普及と課題

●第二部:パネルディスカッション◆15:35〜
・コメンテーター:野田直人氏(人の森)
・質疑応答

●懇親会(予定)◆17:00〜
会場:JICA横浜 3 階 ポートテラスカフェ
会費:有料

●共 催
国際開発学会、地球・人間環境フォーラム、 JIRCAS、横浜国立大学環境リーダープログラム
●後 援
JICA横浜

●問合せ先
地球・人間環境フォーラム
TEL:03-5825-9735(担当者:柴田)
メール:event@gef.or.jp


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>