文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

5/18(土)人はなぜ人を殺したのか:ポル・ポト派、語る

開催日:2013/5/18〜2013/5/18 開催地:東京都

No.2765 by カンボジア市民フォーラム at 2013/4/20 (土) 00:44

<以下、転送歓迎>
==================================
カンボジア市民フォーラム/上智大学アジア文化研究所共催
2013年度カンボジア連続セミナー(第1 回)

人はなぜ人を殺したのか−ポル・ポト派、語る−

 カンボジアでは2007 年からポル・ポト政権(1975 〜 79 年)の最高幹部に対する
裁判が続いています。起訴された幹部5 人のうち、これまでに有罪が確定したのは
1 人のみで、1 人は認知症のために釈放、もう1 人は公判中に死去、残る2 人も
高齢で健康状態が悪化しており、真相解明には悲観的な見方が強まっています。
 平等な社会の独立国家を建設するというポル・ポト政権幹部たちの夢は、
なぜ大量虐殺という狂気に変わったのでしょうか。
 本セミナーでは、ポル・ポト政権の最高幹部にインタビューを重ねたジャーナリスト、
舟越美夏さんを講師にお招きし、大虐殺の原因や責任について最高幹部がどのよう
に考えているのか、彼らの証言や人物像についてお話しいただきます。

■日時:2013年5月18日(土) 14:30 - 16:30(開場14:00)
■会場:上智大学12号館402 教室(定員:80 名
■講師:舟越 美夏 氏 (共同通信社メディアラボ次長/
『人はなぜ人を殺したのか:ポル・ポト派、語る』(毎日新聞社2013年)著者)
■講師略歴:
福岡県生まれ。1989 年、上智大学ロシア語学科卒業、共同通信社入社。2001 年から
02年までプノンペン支局長、04年から06年までハノイ支局長(プノンペン支局長兼務)、
06年から08年までマニラ支局長を務める。この間、米軍によるアフガニスタン攻撃、
枯れ葉剤・米軍基地問題、女性問題、スマトラ沖地震津波、ミャンマーの民主化運動
などを取材。

■参加申込:事前申込制 お申し込みはホームページ(http://www.pefocj.org/)から
参加申込みフォームにて受け付けております。
■資料代:一般700 円、学生500 円、カンボジア市民フォーラム会員は無料
■会場へのアクセス:JR /東京メトロ「四ッ谷」駅から徒歩3 分
(〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1)

■お問い合わせ:カンボジア市民フォーラム事務局(担当:山田)
E-mail:pefocj@hotmail.co.jp TEL: 03-3834-2407 FAX:03-3835-0519

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
<2013 年度のカンボジア連続セミナー予定>
第2 回 6月15日(土) 「外交関係樹立60 周年のカンボジアと日本」(仮)
     講師:今川幸雄氏 (元駐カンボジア大使、外務省参与)
第3 回 6月29日(土) 「カンボジア 独立から60年の軌跡」(仮)
     講師:熊岡路矢(カンボジア市民フォーラム共同代表世話人)
第4 回 7月6日(土) 「2013 年カンボジア総選挙と最近の政治情勢」(仮)
     講師:山田裕史(カンボジア市民フォーラム事務局長)


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>