文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

報告会「ガザ攻撃と子どもたち 〜癒せない心の傷〜」

開催日:2013/2/23〜2013/2/23 開催地:東京都

No.2646 by アムネスティ・インターナショナル日本 at 2013/2/7 (木) 12:58

2012年11月に勃発した、ガザ・イスラエル紛争。イスラエル軍は、パレスチナ・ガザ地区を1週間にわたって攻撃しました。2008年末から2009年1月の紛争の責任も追求されず、傷も癒えぬ中で、またもや160人以上の人びとが命を奪われました。その多くは、女性や子どもをはじめとする民間人でした。

フォトジャーナリストであり、ドキュメンタリー映画『ぼくたちは見た〜ガザ・サムニ家の子どもたち』の監督としても知られる古居みずえは、停戦直後から2013年1月まで現地に入り、4年前のガザ・イスラエル紛争で取材した子どもたちを追いました。

再び同じような空爆や砲撃にさらされ、あの子どもたちはどうなったのか……?

報告会では、2012年11月の攻撃直後のガザの状況を伝え、紛争が子どもたちに残したものについて、考えていきます。

日時 2013年2月23日(土) 14:00〜16:15 (13:30 開場)
場所 明治大学リバティタワー 1136教室
千代田区神田駿河台1-1 
最寄駅:JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
地図  http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
資料代  一般1000円/学生700円

【プログラム】 
● 2012年ガザ・イスラエル紛争で何が起こったのか
   概要   川上園子(アムネスティ・インターナショナル日本)
   停戦直後のガザの状況(映像)   古居みずえ (ジャーナリスト/映画監督)

   他 予定

● ガザの子どもたちはいま・・・・・・ 
   映画『ぼくたちは見た〜ガザ・サムニ家の子どもたち』ダイジェスト版と解説
   映画の中の子どもたちの現在の状況(映像)

● パネル・ディスカッション 「子どもたちとともに生きる」
    ※会場からの質問を交えながらディスカッション予定

【共催】
公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本/社会思想史研究会/古居みずえドキュメンタリー映画支援の会

【お問い合わせ】
アムネスティ・インターナショナル日本
東京都千代田区神田小川町2-12-14 晴花ビル7F
TEL:03-3518-6777 E-mail:camp@amnesty.or.jp

古居みずえドキュメンタリー映画支援の会
FAX : 03-3209-8336 E-mail:eigashiennokai@hotmail.co.jp


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>