文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

多文化社会実践研究・全国フォーラム(第6回)

開催日:2012/12/1〜2012/12/1 開催地:東京都

No.2541 by 東京外国語大学 多言語・多文化教育研究センター at 2012/11/19 (月) 20:51

 日本の多文化化が進行する中、いわゆる「多文化共生社会」の仕組みづくりにおける社会参加の担い手に変容が見られ始めています。これまでは地方自治体・国際交流協会、NGO・NPOなどが主導する事業や活動に外国人が参加する形態が中心でしたが、先般の東日本大震災によりクローズアップされたように、最近は外国人が主体的に力を発揮し、よりよい社会の実現を目指そうとする動きが出てきています。一方で、震災時のような「非日常」における活躍のみならず、「日常」の社会参加の場面において外国人が広く活躍するためには、さまざまな課題や障壁が山積しています。

 本フォーラムでは、すでにホスト社会で立場を得て活躍する外国人、およびホスト社会側でそうした場づくりを行う多種多様な分野の識者を招き、外国人の社会参加のあり方を議論し、今後の多文化社会を築くうえでの布石としたいと思います。

●日時:2012年12月1日(土)10:00-17:30 懇親会18:00-19:30

●場所:東京外国語大学 府中キャンパス (西武多摩川線 多磨駅徒歩5分)

●要事前申込み(定員300人) 入場無料(懇親会のみ3,000円)

●内容
【パネルディスカッション機朮燭社会参加を可能にするのか?(10:20-11:50)

パネリスト:
グエン・ファン・ティ・ホアン・ハー(多文化まちづくり工房ベトナム語通訳スタッフ)
チョウチョウソー(NHK国際放送アナウンサー)
宮澤イザベル(医師・東北福祉大学内予防福祉クリニック多文化共生医療相談室)

コメンテーター:渡戸一郎(明星大学人文学部教授)
モデレーター:長谷部美佳(本センター特任講師)

【研究発表セッション機Ν供曄文朕諭織哀襦璽徃表)(12:40−14:10、14:20−15:50)
 日本の多言語・多文化化の問題に取り組んでいる研究者および実践者(自治体、国際交流協会、NPO等の職員等)による発表(発表者・発表内容はセンターHP参照)

【パネルディスカッション供杪進野の実践から学ぶ ―「場づくり」の観点から― (16:00-17:30)
パネリスト:
可部州彦(明治学院大学教養教育センター教員・研究員、公益社団法人難民起業サポートファンド経営支援部長)
盒鏡司(財団法人自治体国際化協会多文化共生部長)
早川秀樹(多文化まちづくり工房代表)

コメンテーター:小平達也(グローバル人材戦略研究所所長、株式会社ジェイエーエス代表取締役社長)
モデレーター:内藤稔(本センター特任講師)

【懇親会】 (18:00−19:30 学内にて)

●詳細・申し込み方法は本センターのHPをご覧ください。
http://www.tufs.ac.jp/blog/ts/g/cemmer/

【お問い合わせ】
東京外国語大学 多言語・多文化教育研究センター
042-330-5441
tc-zenkoku@tufs.ac.jp


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>