文字列
※文字列はスペースで区切って複数指定できます。

国際協力担当者のためのPCM活用プロジェクト運営基礎セミナー

開催日:2011/8/27〜2011/8/28 開催地:広島県

No.1817 by JICA中国 at 2011/6/30 (木) 17:18

【平成23年度「国際協力担当者のためのPCMを活用したプロジェクト運営基礎セミナー」第2弾(モニタリング・評価)】

PCM(Project Cycle Management)手法は、開発プロジェクトのモニタリング・評価・実施・モニタリング・評価のために、日本の開発援助分野で用いられている手法です。PCMの特徴として、ワークショップによる参加型、PDM(Project Design Matrix)作成に至る各分析過程での論理性、PDMを用いたプロジェクト・サイクルの管理における一貫性が挙げられます。この手法は、JICAのプロジェクトに限らず、NGO等のプロジェクトにおいても、有効な手法であり、国際協力事業に携わっている、または今後実施を予定しているNGO、地方自治体、大学等の国際協力担当者の方々を対象として、PCM手法を用いた国際協力事業のモニタリング・評価の概要をご理解いただき、より効果的な事業の実施に役立てていただくことを目的とします。

【日 時】
8月27日(土曜)から8月28日(日曜)
※10時から17時30分(予定)

【会 場】
JICA中国(広島県東広島市鏡山3-3-1)

【会場への交通アクセス】
http://www.jica.go.jp/chugoku/office/access.html

【研修の内容】
 PCM手法を用いた国際協力事業のモニタリング・評価についての講義と演習 
   2日間 (添付のタイムテーブル参照)
   ・PCM手法を用いたモニタリング・評価の概論
   ・プロジェクト事例を用いたモニタリング・評価の演習

【研修の参加対象者】
国際協力事業に取り組んでいる、あるいはこれから取り組もうとしているNGO、国際理解教育・国際交流団体等のスタッフ、地方自治体、大学等における国際協力担当者
かつ、原則、過去に「国際協力担当者のためのPCMを活用したプロジェクト運営基礎セミナー(計画・立案コース)」または、それに相当するPCM研修(計画・立案)を受講した方

【受講料】
無料(ただし、交通費と宿泊費は各自でご負担下さい。)

【申し込み方法】
参加ご希望の方は、受講申込書にご記入の上、問合せ先のE-Mailアドレスまでお送りください。

【募集期間】
7月1日(金)〜 8月5日(金)17時まで
定員16名
書類選考の上、8月15日(月)までに受講者決定の通知を行います。

【修了証書】
2日間のプログラムを全受講された方には、修了証書をお渡しします。

【注意事項】
・本研修は、FASID等が行っている認定書の交付を伴うPCM研修ではありません。本研修終了後に手交するのは「修了証」であり、「認定書」ではありません。
・すでに、FASID等が行っている認定書の交付を伴うPCM研修を受講した方は、原則として本研修の受講対象外です。
・団体として、JICAと技術協力にかかる業務実施契約、役務提供契約等の委託契約(草の根技術協力事業は除く)を締結している、或いは実績のある企業、公益法人等の構成員は、原則として本研修の受講対象外です。

【関連ファイル】
タイムテーブル(PDF/21KB)
http://www.jica.go.jp/chugoku/event/docs/110630_01.pdf

受講申込書(EXCEL/33KB)
http://www.jica.go.jp/chugoku/event/docs/110630_01.xls


【問合せ先】
JICA中国 市民参加協力課 担当:金江(かねえ)
E-Mail: jicacic-coordinator1@jica.go.jp
TEL:(082)421-6310 FAX:(082)420-8082

【関連リンク】
国際協力担当者のためのPCMを活用したプロジェクト運営基礎セミナー
http://www.jica.go.jp/hiroba/menu/ngo_pcm/


前の画面へ戻る 掲示板トップへ戻る ホーム
修正・削除の場合はパスワードを入力してください。
パスワード
<パスワードのお問い合せはこちら>